FreeStyle リブレ Pro システム

概要

FreeStyle リブレ Pro フラッシュグルコースモニタリングシステムは、フラッシュグルコースモニタリング技術によって、糖尿病患者さんの治療を一人ひとりカスタマイズすることができます。

 

電極

FSプレシジョン血糖測定電極

FSプレシジョン血糖測定電極は、先端点着に加え、手の震える患者さんにも点着しやすい上部点着も可能です。
  • 必要血液量:0.6μL
  • 測定時間:5秒
  • 先端および上部点着可能
  • 個別包装

電極β-ケトン測定電極Ⅲ

  • 必要血液量:1.5μL
  • 測定時間:10秒
  • 測定範囲:0.3~8.0mmol/L
  • 先端および上部点着可能
  • 個別包装
Strips

データ管理ソフト

システム要件 2016年10月現在
• Microsoft Windows 7 (32 または 64 bit)
• Microsoft Windows 8 (32 または 64 bit)
• Microsoft Windows 10 (32 または 64 bit)
• OS X El Capitan
° 接続には測定器本体に付属のケーブルをご使用ください。
° USB2.0ハブ、1.6GHzデュアルコアプロセッサ、2GB RAM以上が搭載されたコンピュータが必要です。 PDF形式のレポートを表示するため、Adobe® Readerが推奨されます。
° 測定器データのコンピュータへの保存は、PDF形式(レポート画面)もしくはテキストファイル形式でのみ 行なうことができます。本ソフトウェア内には記録されません。

 

よくある質問

フラッシュグルコースモニタリングは 、より詳細な血糖状態を知るうえで必要とされる十分なグルコースデータを、より手 軽 に、より簡単な操作で得られるようにデザインされています。フラッシュグルコースモニタリングのユニークな点は、センサー上を Reader (読取装置)でスキャンすることによってグルコースデータを収集できることです。

フラッシュグルコースモニタリングシステムのもうひとつの重要な特徴は、小型で完全に使い捨てのセンサーであることです。このセンサーは、測定器の調整も指先穿刺も必要とせず、自動的にグルコースデータを測定、記録、データ保存することができます。


Libre Pro applicator Libre Pro Examroom

FreeStyle リブレ Pro フラッシュグルコースモニタリングシステムとは、フラッシュグルコースモニタリングの区分では初めての製品であり、指先穿刺 の煩わしさから患者を解放し、これまでよりも多くの情報に基づいて治療内 容を決定するために、深い洞察を主治医に提供できるようデザインされています。


Sensor Applicator Reader

X 線、 MRI (核磁気共鳴画像法)または CT (コンピュータ断層撮影法)スキャンなど、強度の磁気や電磁放射線を含む受診を予約している場合、装着したセンサーを取り外し、検査終了後に新しいセンサーを貼 付する必要があります。これらの検査 がシステムの性能に及ぼす影響については評価されていません。

FreeStyle リブレ Pro センサーは工場出荷時に測定器の調整がされ、センサー間のばらつきを最小限に抑 えるよう製造されています。穿刺による測定器の調整の必要はありません。

FreeStyle リブレ Pro システムには 3 つの 主要な 構成品が含まれます。


  • センサーキットには、センサー パック(センサーアプリケーターと共にセンサーの準備に使用)、センサーアプリケーター(センサーを上腕の後ろ 側 に装着する)、取扱説明書(センサーの装着方法の説明)が含まれます。
  • Reader キットには FreeStyle リブレ Pro Reader (患者さんに装着したセンサーを起動し、グルコース値を収集)、 USB ケーブル(コンピュータに接続してレポートの作成や Reader の充電に使用)、電源アダプター( USB ケーブルと共にバッテリーを充電するために使用)、取扱説明書(システムの操作に必要なすべての情報)、クイックスタートガイド(患者さんがすぐに使い始められるようにするためのガイド)、が含まれます。
  • ソフトウェアは医療従事者が患者さんの効果的な糖尿病健康管理プログラムをサポートできるようにすることを目的としており、オンラインおよび CD で入手することができます。

Sensor Reader applicator

センサーは厚さ5mm、直径35mmです。


Sensor Side Filament Sensor

センサー繊維は厚さ0.4mm未満で、皮膚表面から5mm下に挿入します。 Abbott Diabetes Care が実施した試験では、調査対象患者の93.4%(n=30)がセンサー装着中に皮下の不快感を訴えませんでした。


Sensor Side Filament Sensor Usage

はい。センサーは入浴中、シャワー中、水泳中、運動中も装着することができます。ただし、 水深1mより深いところにセンサーを入れないでください。また、30分以上水に浸さないでください。粘着剤 はセンサーを最長14日間快適に固定できるよう設計されています。

はい。厚さ4cm以内の衣服の上からリーダーで読み取ることができます。


Reader usage over clothes

FreeStyle リブレ Pro センサーは工場出荷時に測定器の調整がされており、14日間の装着期間中は穿刺による測定器の調整は必要ありません。

センサーの装着には、センサーアプリケーターと呼ばれる使い捨て器具を用います。センサーアプリケーターを上腕の後ろ側に置きセンサーが身体に装着されるまでしっかりと下方に押し込みます。センサーアプリケーターをそっと身体から引き離します。これでセンサーは皮膚に装着されます。


Sensor attaches to Body

FreeStyle リブレ Pro システムのセンサーでは14日間にわたり15分ごとの記録を測定し、記録することができます。

センサーは14日間の装着期間終了後、グルコース値の測定を自動的に停止します。

Reader のホーム画面の「センサーデータを取得します」をタッチすると、未報告のセンサーデータがあることを知らせる表示が現れます。このデータを新しいセンサーデータで上書きするかどうかを選択することができます。


Reader Data to Report Screen

日内グラフにはセンサーが測定したグルコース値が日別に表示され、 Reader に設定した 目標グルコース値範囲が表示されます。ホーム画面のオプション記号をタッチし、目標範囲 を選択すると目標グルコース値範囲を変更することができます。グラフにはグルコース値 が350mg/dLまで表示されます。グルコース値が350mg/dLを超える場合は350 mg/dLまで表示されます。


Reader Report

完全に充電したバッテリーは最長2週間持続します。バッテリーの寿命は使用状況によって変わります。

バッテリーを完全に充電するには、少なくとも3時間充電してください。

Reader を使い続けるためには、バッテリーの残量が少なくなったら(低バッテリーアイコンが表示されます)、 Reader を充電しなければなりません。充電が切れたら再充電する必要があります。


Reader Low Battery

Reader 上に保存されたグルコース値データは失われません。

Reader は60秒後にディスプレイを自動的にオフにします。

ご使用いただけません。

腕上の後ろ側にセンサーが装着された後は14日間そのままでいるだけで大丈夫です。患者さんが何かをする必要はなく、入浴中、シャワー中、水泳中*、運動中も装着することができます。

*センサーは水深1メートルまで耐水性能が保証されています。30分以上水に浸さないでください。


Patient with sensor

FreeStyle リブレ Pro システムは、14日間にわたり正確性、安定性、一貫性を維持することが臨床的に確認されています。指先穿刺による測定器の調整の必要はありません。


  • FreeStyle リブレ Pro センサーは工場出荷時に測定器の調整がされ、センサー間のばらつきを最小限に抑えるよう製造されています。指先穿刺によるキャリブレーションの必要はありません。
  • 安定した性能を得るために、 FreeStyle リブレ Pro センサーは Wired Enzyme テクノロジーを採用しています。これには次のような特徴があります。
  • 血糖値を測定するのに酸素に依存しません。
  • センサーは銀・塩化銀電極と比較して40mVと非常に低い電位で作動します。

FreeStyle リブレ Pro ソフトウェアのシステム要件として、以下のオペレーティングシステムが動作するコンピュータ上でご利用ください。


  • Microsoft Windows 7 ( 32 または 64 bit )
  • Microsoft Windows 8 ( 32 または 64 bit )
  • Microsoft Windows XP ( Service Pack 3 )
  • OS X Mavericks
少なくとも、1.6 GHzプロセッサおよび2GB RAM 搭載の USB 2.0 対応のハブを備えたコンピュータが必要です。

FreeStyle リブレ Pro ソフトウェアアプリケーションはオンラインまたは CD で提供しています。

  • レポートを作成するには、 Reader キット付属の USB ケーブルを使用して Reader をコンピュータに接 続します。
  • 接続されるとホーム画面が現れ、 Reader の接続が完了します。 FreeStyle リブレ Pro ソフトウェアのホーム画面からレポートの作成や Reader の設定変更など、さまざまな機能にアクセスできます。
  • レポート作成 画面ではレポートを選択し、レポートのパラメータを設定します。アップロードされたセンサーごとに氏名または患者IDを選択しプロファイルを作成します。
  • 表示または印刷するレポートを選択します。複数選択することもできます。
  • 時間設定のレポートパラメータ(すべてのレポートに使用されるデータ範囲)および目標グルコース範囲(一部の血糖値グラフに表示され、目標範囲内であった時間 の計算に使用される)はすべてのレポートに使われます。グルコース変動パターン レポートにはこれ以外のパラメータも必要になります。
  • レポートのパラメータが設定されると、 Reader が接続されている間にレポートを印刷するか、レポートを表示するか選択することができます。

Download Reader Data

アップロードされたセンサーごとにプロファイルが必要になります。氏名または患者 ID が保存されると、作成されたレポートに自動的に入力されます。

センサーアプリケーターおよびセンサーパックは4~30°Cで保管してください。 Reader は−20~60°Cで保管してください。

電気機器、電池、とがっているものおよび体液に曝露した可能性のある物質の廃棄に関する、自治体の規制に従って廃棄する必要があります。システム部品の適切な廃棄に関する詳細は、カスタマーサービスにお問い合わせください。